胆嚢が炎症を起こす、激しい痛みを頻繁に感じる、などの症状があると、手術が行われます。手術では、結石と一緒に胆嚢も取ってしまうので、再発の心配はありません。

 

胆のう結石には、腹腔鏡手術を行います。下腹に、5ミリほどの小さな穴を数個開け、その穴から腹腔鏡と手術器具を入れて、モニターを見ながら胆嚢を除去するのです。

 

全身麻酔で行いますし、お腹を切り開くことがないので、身体的負担も少なく、回復もスムーズにいきます。

 

手術あとの痛みも少なく、傷自体も小さいので、胆石の手術には多用されています。手術の翌日から歩き、食事も取れますから、開腹手術に比べると、入院期間も短くてすみます。

 

強い胆嚢の炎症がある時や、腹膜炎を起こしているときは、開腹手術をします。また、以前に回復手術を受けたことがある人は、臓器に癒着が見られることがあり、その場合も回復手術になります。

 

腹腔鏡よりも、入院期間は長くなりますし、患者さんの負担も少し増えるかもしれません。まれにですが、腹腔鏡手術の途中で癒着が見つかり、開手術に切り替えることもあります。

 

中には、手術をして、胆嚢をとることに不安を覚える人もいるでしょう。しかし、大丈夫です。胆嚢がなくなっても、ちゃんと役割を引き継ぐ臓器があるのです。肝臓や胆管が、代わりに働いてくれます。

 

安心してください。手術前のように、油っこい食事や毎日の飲酒は、控えなければいけませんが、和食中心にして、食生活に気を付けていれば支障なく過ごすことができます。

2014/03/08 20:25:08 続きを読む≫

血糖値が高いと私たちの体にはどんな事が起こり、どんな病気に罹りやすくなってしまうのでしょうか。

 

まず、血糖値が高いという状態は血液内に糖分が多くありすぎている状態のことです。本来ならば血糖値が上がればそれを抑えるためにインシュリンというホルモンが分泌されて元に戻りますが、ホルモンに問題が起きてインシュリンが満足に働かなくなったり分泌されなくなったりしてしまうと、血液がだんだんとドロドロになり、糖を尿に含ませて身体の外に出すようになります。

 

こうなると、もう糖尿病だと言えます。さらに、血液がドロドロになると血管にダメージを与えてしまいます。それによって動脈硬化も引き起こします。

 

動脈硬化になると血管の壁から栄養素や酸素、エネルギーが届きにくくなってしまうので、血糖値も上がりやすくなります。

 

加えて、血糖値が高いと高血圧・神経障害・肥満になる危険性も高くなります。肥満の人に糖尿病が多いことで糖尿病を贅沢病などということがありますが、それはこれが関わっているからです。

 

同様に肝臓にもダメージが蓄積していくと、自覚症状がないままに突然大病を引き起こす可能性があります。そのため、普段の生活から肝臓をいたわる生活習慣を送るべきなのです。たとえば食生活や肝臓サプリを取り入れるなどですね。

 

こちらの肝臓サプリメントのサイトなら加齢とともに衰えていく肝機能をしっかりとケアし、常に正常な状態を保つ助けとなります。

 

以上のように、血糖値が高いまま何もせずにいることで血液がドロドロになってしまい、ゆくゆくは血管が詰まり昏睡状態に陥ってしまうことも考えられますから、何か心当たりがあったり心配なことがある方は早急に病院で検査をしてもらいましょう。

 

血糖値が高くてもそれが分かるような症状は現れにくいので、気付かずにそのままになってしまうことが多いです。深刻化して糖尿病になってしまう前に、定期的な健康診断をしっかり受けて自身の体の状態について把握しておくことが必要です。

2013/12/14 10:13:14 続きを読む≫

女性特有の悩みにも有効なマカですが、そうは言ってもまだまだ利用者の大半が男性です。マカと言うと「精力増強」や「滋養強壮」というイメージが強く、女性からするととっつきにくいのかもしれませんね。

 

男性の滋養強壮に良いマカですが、こちらの「滋養強壮サプリおすすめランキング」のサイトではマカ以外にも効果のある成分を配合した健康食品を紹介しています。

 

しかしマカの原産地として知られるペルーでは、女性向けにマカが利用されることも非常に多いのです。女性は毎月生理が来ますが、生理前はホルモンバランスが乱れ、不安定な時期です。

 

この時期には、女性はちょっとしたことでも苛立ってしまったり、憂鬱になりやすいなど多くの女性が情緒不安定となります。

 

これらの状況に対してマカが有効なのは、マカにはホルモンバランスを調整する働きがあることに、その理由があります。

 

その役割は生理不順の改善や生理痛を和らげたり、また不妊治療としても期待されています。また、マカは更年期障害にも効果的です。

 

更年期障害は、卵巣から主にエストロゲンなどの、女性ホルモンの分泌が減少することが原因で起こります。骨粗鬆症の予防と同じように、更年期障害により生じる多種多様な症状の緩和のために、ホルモン代替治療が選ばれることが良くあります。

 

確かに更年期障害には有効なのですが、ホルモン代替治療は子宮がんや乳がんなど、重い病気を進行させてしまう例もあります。

 

そこでアメリカでは更年期障害の治療に、マカを処方する病院もあるそうです。女性に多い悩みの代表と言えば、冷え性ですね。

 

冬はもちろんですが、夏場でも冷房が強い場所では辛い冷え性に悩む人は多くいます。そんな冷え性に対して、マカを摂取すると抹消の血流を促し、それにより体を温めて冷えやむくみを改善してくれます。こちらの温潤ヘスペリジンという冷え性改善サプリが効果的です。

 

忙しく働く女性は、朝起きて外出する前に飲めば、日中の疲労を緩和してくれたり、やる気が出るといった効果も期待できます。マカの栄養素は男性だけでなく、女性にとっても心強い味方なのですね。

2013/11/22 20:59:22 続きを読む≫

生活習慣病は、暴飲暴食、過度の飲酒、喫煙、運動不足、といった日々の良くない生活習慣が積み重なって発症する病気です。

 

脳卒中、心臓病、がん。糖尿病、脂質異常症、高血圧、肥満、肝疾患、膵疾患、腎疾患、骨粗しょう病、歯周病などが生活習慣病と言われています。

 

中でも、脳卒中、心臓病、がんは、3大生活習慣病と言われ、日本人の死因のトップ3となっている病気です。

 

生活習慣病は予防が大切で、日頃から意識的に、食生活の改善や、運動不足の解消などを行なって行くことが必要です。

 

暴飲暴食、過度の飲食、喫煙、不規則な生活、睡眠不足、ストレスなどは生活習慣病の原因となるので早めに改善しましょう。

 

生活習慣病は、内臓脂肪型肥満が引き金になることが多いため、生活習慣を改善し、メタボリックシンドロームに陥らないように予防することが大切です。

 

運動不足にならないように、適度な運動を日々の生活に取り入れ、暴飲暴食や過度の飲酒、喫煙は避け、ストレスを溜めない生活を送ることが大切です。

 

運動不足に食べ過ぎが重なると、メタボリックシンドロームを発症し、自覚賞症状のないままに動脈硬化が促進するなど、生活習慣病のリスクは一気に高まってしまいます。

 

生活習慣病は、いずれも加齢のせいだから仕方ない、と、かつては思われていましたが、毎日の生活習慣が改善できれば、生活習慣病の発症や進行を防ぐことのができるのだとわかってきました。

 

年だから、と諦めるのではなく、病気を招く日常の生活を改善することが大切なのです。

2013/11/08 20:03:08 続きを読む≫

サイトマップ